PANDA STUDIOパンダスタジオ岐阜

ニュース&トピックス

バレーボール Vプレミアリーグの男子開幕戦をニコ生放送

11月15日,バレーボールのVプレミアリーグ男子開幕戦が,パークアリーナ小牧(小牧市スポーツ公園総合体育館)で行われました。
その試合を,パンダスタジオ岐阜がニコ生で放送しました。
私は二階席からメインカメラを担当させていただきました。

Vプレミアリーグ男子開幕戦

バレーボールの撮影は仕事はもちろん,プライベートでもやったことがなく,初めての体験で,サンプル映像を何度も見てはいた物の,本番の緊張感に押しつぶされそうでした。
それが伝わったのか,視聴者の方から「メインカメラの映像が良くないので改善して欲しい」という意見も出て,改めて『放送』という仕事をしているのだと実感しました。

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆  ★

そんなこんなで,第一試合『パナソニック パンサーズ VS 豊田合成トレフェルサ』の試合は,良い映像をお届けできず心残り満載でした。試合は,豊田合成トレフェルサが劇的な大逆転勝利を収めました。
第二試合からは,第一試合を反省し,クライアントと相談し撮影の仕方を少し変更しました。ひとまずクライアントにはok頂いたので,ホッとしております。
その日の視聴者数は約4万人だったそうで,自分の映像をそれだけの人が見ているのか,と感慨深い限りです。
また,生放送ですので,『ミス=クレーム』という図式になります。ちょっとオーバーですが,1つのミスも許されない現場の雰囲気はやっぱりぴりぴりしていますね。
私も含めスタッフ一同,試合が終わってからの安堵感は半端ではなく,急激におなかが空いてきたものです(笑)。

余談ですが,二日目(11月16日)の第二試合,選手がボールを拾うためスタッフ席に飛び込んだ際,パンダスタジオ岐阜のスタッフと衝突しました。
お互い怪我はありませんでしたが,三脚の足が曲がって使い物にならなくなりました。
あるんですね,こういう事って。
しかし,配信に大きな支障が出なくて良かったです。

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆  ★

以前,とある方から
「自分が撮りたい物を撮るのではなく,視聴者が見たい映像を撮る」
と言われたことがあります。まさしくその通りですね。

11月22・23日。富山県の氷見市ふれあいスポーツセンターにて試合があります。その時にはもっと良い映像をお届けできるよう心がけます。

地元岐阜を中心に活動する動画・映像制作会社のパンダスタジオ岐阜。
インターネットライブ配信も行っています。
スタジオ見学,お問い合わせは,パンダスタジオ岐阜の葛谷まで。

[記事・撮影:パンダスタジオ岐阜 葛谷]

「eラーニングをすべての人に!」
株式会社キバンインターナショナル KiBAN INTERNATIONAL CO.,LTD.
Web : http://elearning.co.jp
E-mail : international@kiban.jp
担当:山内輝美雄

Print This Post Print This Post